HOME交通地下空間 > トンネルの安全はどのように守っているのか?

トンネルの安全はどのように守っているのか?

トンネルの安全は、過去の火災を参考に同様の事が発生しないようにあらゆる工夫がなされています。私たちが普段使用している地下施設には、担当者に迅速に火災を知らせる「通報・警報設備」はもちろん、消火や火を抑制するための「消火設備」、人々を安全に避難させるための「避難誘導設備」などが防災基準に沿って用意されています。

もちろん、定期的に避難訓練なども行わえ、日々の安全性が守られています。

道路トンネルの非常用施設

道路トンネルにはトンネルの等級 によって設置する 非常用設備や設置間隔等が定められています。この等級が上位階層に上がるごとに設置するものが増えていきます。

等級の決め方は、トンネルの長さや交通量の多さで決定します。