さまざまな利用がされている地下世界

海、陸上、地中、空と人類はさまざまな場所を利用し繁栄してきました。人類が初めて地下世界を利用し始めたのは今から300万年も昔のことです。トルコ共和国にある観光地のカッパドキアには、世界的にも有名な地下遺跡も存在しています。地下には通気口や井戸、墓場や教会などの跡も発見されています。

地下の世界は地上とは違い、雨や雪などの天候に左右されることなく過ごすことが出来るので、居住するのには最適だったと思います。一つ残念なことは太陽の光が届かないことです。太陽は人間にとって欠かすことのできない存在なので、この太陽があるからこそ人類は地上で生活しているのかもしれません。

今、地中はライフライン用設備が通っていたり、交通用の地下トンネルがあったり、非常持用の地下シェルターなどさまざまな用途で利用されています。地下を有効活用することで我々の生活が便利なものとなっています。このサイトではそんな地下空間の利用法についてご紹介いたします。今まで知らなかった地下空間の利用法を少しでも覚えていただけたら嬉しい限りです。